毎日溜まる疲れを撃退【疲労回復はサプリメントで決まり】

栄養補助剤

得られる効果と注意点

女

サポニンは、ゴボウや高麗人参などに含まれている配糖体です。殺菌作用や脂質を溶かす作用がある上に、泡立つ性質もあるので、古くから石鹸の原料として使われていました。サポニンが含まれている石鹸は、程良い泡立ちにより使いやすい上に、雑菌や油汚れの除去に役立つのです。もちろん皮脂の除去にも有効なので、洗顔にも使われています。こういった作用により、サポニンは昨今では、サプリメントの原料としても使われるようになっています。サプリメントによってサポニンを体内に入れると、石鹸を使用した場合と同様に、体内から雑菌や脂質が除去されるのです。つまり、雑菌による病気や脂質による肥満などが、防がれやすくなるということです。そのため多くの人が、健康のためにサプリメントでサポニンを摂取しています。

脂質は、血液の中にも多く存在しています。その量が増えると、血液はドロドロの状態になり、流れにくくなります。それが原因となって、血栓ができたり動脈硬化になったりするのです。しかしサポニンを摂取することで、血液中の脂質が溶かされれば、血液は流れやすくなります。これにより、血栓や動脈硬化の予防効果や改善効果が出てきます。ところがサポニンを過剰に摂取した場合には、血液中の脂質だけでなく、赤血球も溶かされてしまうことがあります。すると血液中の赤血球の割合が下がり、貧血を起こすリスクが高くなります。そのため健康のためには、摂取量に十分に気をつけることが大事とされています。適量を摂取すれば、先述した健康面での良い効果を多く得ることができるのです。